2005年04月05日

富岡八幡宮の桜

0404sakura.jpg
昨日撮りなおしした"幹からダイレクトなつぼみ" もうそろそろですね〜。
続きに記載しますが、広重画をみているとなんとも不思議な気持ちになります。

昔々の人々は、どんな気持ちで桜の花を見上げていたのでしょう。

神社入り口にある「江東みちしるべ」
040401.jpg
後半部分にはこう書かれています。
「この付近は松樹が生茂り、前方は広大なる海面で、風光明媚な所であったと言われています。」

▼左上の部分を拡大。
安藤広重の「名所江戸百景」- 砂むら元はちまん
040404.jpg
-------------------------------------------


もうすこしはっきり見てみたいな、と思って探したらありました。
ちょっと昔の写真と比較してあったりして、お話も興味深いです。
■森川和夫のホームページ■ → 砂むら元はちまん
posted by み〜 at 15:48| Comment(2) | TrackBack(1) | 街角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
南砂在住のふ〜です。
今朝、愛犬と八幡様にお散歩をしてきたんですよ。偶然でビックリです。
この八幡様は、富岡八幡の元の場所だから「元八幡」って言うんですね。
私は以前、江東区富岡に住んでいたのですが、富岡八幡(今の八幡様)のすぐ隣でした。
そして現在は元の八幡様のすぐそばに住んでいます。
今日まで、八幡様の元の場所だなんて知らなかったので、またまたビックリです。
桜も健気に咲いていますね。
ちょっと近所に親しみを持ちました。
Posted by ふ〜 at 2005年04月05日 19:00
ふ〜様 こんにちは。
コメントありがとうございます。^^
私は日ごろから「なんで富岡八幡って同じ名前の場所があるのかなぁ」ってとぼけたことを考えていました。
私なんかはまだ江東区民歴が浅いので、地元のことを知るとなんだか楽しくなり愛着も増してきます。
元八幡様には、これからもずっと懐かしい雰囲気を保っていってもらいたい場所ですね。
Posted by み〜 at 2005年04月09日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

今年の夏は盛り上がります  富岡八幡宮
Excerpt:  地下鉄「門前仲町」駅を降りて3分ほど歩くと「深川の八幡さま」で親しまれる富岡八幡宮があります。毎月1日・15日・28日には縁日があって永代通りの北側とお隣「深川不動」の参道にはたくさんの露店が集まり..
Weblog: 東京生活日和
Tracked: 2005-08-01 15:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。